【一級製図が辛い人向け】辛いとき、心を軽くする3つの思考法

お勤めご苦労さまです。いしいさん(@ishiisans)です。
いつもこのブログを読んでいただきありがとうございます。

 

ぼくは、一級建築士製図試験を4回受けました。詳しくはこちら↓をどうぞ!

関連記事

お勤めご苦労さまです。いしいさん(@ishiisans)です。 いつもこのブログをお読みいただきありがとうございます。   令和2年度の一級建築士学科試験が終わりましたね。お疲れさまでした。あっという間でしたね。 […]

 

いよいよ10月10日は、一級建築士製図試験ですね。
最後の追い込みをやっている人が多いはず。
しかしなかには、「辛い」って思っている人もいるはず。

 

ということで、今回は、
辛くてどうしもなくなっているあなたに向けて、心が軽くなる思考法を3つお伝えしたいと思います。

 

その3つとは、

①辛いという感情はなぜ出てくるのか?
②【重要】辛いときは、何が起きているのか?
③一番辛い道を行くのが成功への近道

です。

 

では、深堀していきたいと思います。

 

①辛いという感情はなぜ出てくるのか?

ぶっちゃけ、あなたが辛くなっているのは、あなたが頑張っているからです。

頑張らなければ、辛いなんて感情は出てきません。
なので、辛いと思う人ほど今まできちんと勉強してきた証拠なのです。

例えば、3か月前は、エスキスができないとかで辛い思いをしてなかったでしょう?
いま辛い思いをしているのは、あなたが頑張ってきたからです。

あなたは、「まじめに勉強してきたのだという事実」を受け入れていいのです。

 

②【重要】辛いときは、何が起きているのか?

辛いときは、あなたに何が起きているのでしょうか?

少し考えてみてください。

 

それは、あなたが成長しているときなのです。

 

例えば、竹を思い浮かべてみてください。

竹は、空に向かって真っすぐ伸びていこうとしています。
しかし、もしそのまま真っすぐ伸びてしまえば、どうなるでしょうか?

風に吹かれて、ポキっと折れてしまいます。

そうならないように、竹は20~30cmごとに節をつくります。

そしてこの節があることで、風に負けず、空に向かって伸びていくことができるのです。

つまり、竹は、節があるからこそ高く伸びることができるのです。

 

 

よって、あなたが辛い思いをしているのも、竹の節と同様に、大きく成長するためなのです。
なので、辛いことは、あなたを成長させてくれる大事なものと考えて間違いないのです。

 

 

③一番辛い道を行くのが成功への近道

「一番辛い道を行くのが成功への近道」

かっこよくないですか?

これ、ぼくが考えた言葉です。

ごめんなさい。うそです。

これは、元Kー1世界王者である魔裟斗の言葉です。
この↓動画を見てください。

この動画、ヤバくないですか?
胸が熱くなってきませんか?

世界王者でも辛いことがあったのです。
辛いけどその辛さを受けいれ、淡々とできることをがんばったのです。
そしたら、成功したのです。

あなたは、いま辛いさなかでしょう。
でもその辛さは、成功への近道につながっているのです。

辛いけどそれが、成功への近道だってことを知ったあなたはどうしますか?

もちろん辛い道を進みますよね?

ぼくもそうします。

辛いことは、さっさと済ませて成功への近道を通りましょう!

 

さいごに

以上、【一級製図が辛い人向け】辛いとき、心を軽くする3つの思考法についてでした。

結論は、

①辛いという感情はなぜ出てくるのか?
②【重要】辛いときは、何が起きているのか?
③一番辛い道を行くのが成功への近道

です。

 

この3つの思考法を取り入れられれば、あなたの人生はどんなことでも乗り越えられるはずです。人生に勝利することができます!

もちろん製図試験も乗り越えられるはずです。

ぜひ、この思考を受け入れてみてくださいね。

さいごまでお読みいただきありがとうございました。
他の記事も読んでみてくださいね!